濡れ透けJ○雨宿りレ○プ感想

濡れ透けJ○雨宿りレ○プはJKをバックから突きまくる漫画

濡れ透けJ○雨宿りレ○プは、コミックシーモアで無料試し読みもできます。

 

 

購入前に、漫画を無料試し読みをしてみたいなら、コチラへ!

 

 

 

[コミックシーモア]【1月】【AC】濡れ透けJ○雨宿りレ○プ【〜3/13_全話10円CP】

 

 

 

 

濡れ透けJ○雨宿りレ○プは、ねむのやさんが描くエロ漫画ですが、キャンペーンをやっている時には、なんと・・・・

 

 

1話10円で読めちゃうのでお得です!

 

 

 

濡れ透けJ○雨宿りレ○プのあらすじ

 

田舎町に出張していた中年サラリーマンが、東京に戻ろうとバス停に向かっていると、雨に降られてしまいます。

 

 

バス停に走っていくと、そこには自分と同じように制服が雨に濡れ透けして雨宿りをしている女子高生がいました。

 

 

清楚で大きな瞳を持った美少女。色白、そして胸が大きな彼女を見ていると、だんだん欲情してしまいます。

 

 

遂に、我慢できずに、彼女を押し倒し、そして後ろから犯してしまうというあらすじです。

 

 

濡れ透けJ○雨宿りレイプの感想とネタバレ

 

まずは、濡れ透けJ○雨宿りレイプの感想から。

 

無料試し読みをしてもらうとわかるように、女子高生がかわいい。

 

 

絵がきれいで、アソコの描写が実にエッチ。

 

 

乳房、乳首、そしてバックからアソコにチ●コが挿入され、女の子がビクンと感じるシーンは最高です。

 

 

フルカラーの絵が素晴らしい。

 

 

しばらくぶりに見る秀作。これが安く購入できるのは信じられないくらいです。

 

 

ダウンロードして損はありません!

濡れ透けJ○雨宿りレ○プのネタバレ

濡れ透けJ○雨宿りレ○プは、出張していた中年サラリーマン(妻子持ち)が、出会ったJ●を犯して、容赦なく中出ししまくるというストーリーです。

 

 

これを聞くだけで、アレが反応してしまうのではないでしょうか?

 

 

 

[コミックシーモア]【1月】【AC】濡れ透けJ○雨宿りレ○プ【〜3/13_全話10円CP】

 

 

 

 

商談を終えた帰り道で、雨に降られ、なんとかバス停にたどり着いた中年サラリーマンが濡れ透けJ○雨宿りレ○プの主人公。

 

 

そこに先客としていたのが、濡れ透けJ○雨宿りレ○プのヒロインの女の子(J●)

 

 

白の半そでのブラウスを雨で濡らし、薄っすらとブラジャーが見え隠れしています。

 

 

男の存在に気づかず、濡れた紺色のスカートのすそを絞っていますが、

 

 

あらわになった太もも、そして下着が見えていました。

 

 

見ていない振りをして、バス停に入ると、彼女も男に気づき、

 

 

「降られちゃいましたね・・・」と声をかけてくれました。

 

 

バス停のベンチに腰掛け、世間話をしているうちに、無邪気な彼女の笑顔には似つかわしくないくらいに成長し、成熟したバストが目に入ってしまいます。

 

 

薄青い色をしたブラジャーが透けて見え、チラチラと意識して見ずにはいられない状態になってしまいます。

 

 

「どうしたんですか?」

 

 

そう言った彼女の可愛らしさに、男の理性は我慢の限界を超え、彼女を押し倒すのでした。

 

 

「えっ・・・・?!おじ、おじさ・・・っ」

 

 

少女は驚いてそう叫びますが、男は彼女の胸にしゃぶりついていきます。

 

 

少女の乳首がだんだんと勃起してくるのがわかると、自分の服で両腕を縛り、身動きができない状態にして、遂に男はブラウスを剥ぎ取りにかかります。

 

 

あらわになった、少女の大きな乳房を吸い、下半身の肉棒を大きなおっぱいの間に挟みます。

 

 

勝手にパイズリをして射精。

 

 

少女の顔は精液まみれに。まさに鬼畜です。

 

 

でも、そんな彼女を見ると、またアソコは硬く、大きくなり、口に肉棒を突っ込むのでした。

 

 

彼女の口の中で再び果て、精液を満たす男。

 

 

遂に、彼女のアソコを舐めまわし、下着を彼女の口にねじ込むと、彼女を立たせ、後ろに回り込みます。

 

 

そう、バックの態勢にして、かわいらしい少女のアソコに肉棒を突きさしたのです。

 

 

美しいヒップと、アソコの描写が良いです

 

 

少女は初めてだったのでしょう。激痛に耐える姿から感じ取りながらも、後ろから一番深い子宮口まで突き上げます。

 

 

乳房、そして乳首を揉み、愛撫をすると、

 

 

少女は声を漏らし、アソコはキツク肉棒を締め上げてきます

 

 

そう、彼女は十分に感じて来ているのです。

 

 

男も、もう射精を我慢することは不可能な状態まで上り詰め、

 

 

少女をきつく抱きしめ、「妊娠したらごめんね」と発しながら

 

 

膣の中にありったけの精子を打ち込みます。

 

 

肉棒を引き抜くと、アソコの穴からは精液があふれ出ていますが、そんな姿を見るとまた挿入したくなる男。

 

 

立ちバックで、何度も、何度も犯し、膣内で中出しを繰り返します。

 

 

「らめ、もう、らめ……ぇっ」

 

 

彼女は遂に、挿入されたままイッてしまいます。

 

 

少女の絶頂に達した顔を見ると、また男の肉棒は硬くなるのでした。

 

 

胸を揉み、無理やりキスをしながら、正常位でチ●コを挿入していきます。

 

 

「もう、いやぁっ・・・」

 

 

そう言いながらも、絶頂をに達していた少女は、男の肉棒を受け入れてしまいます。

 

 

男は激しく腰を振り、そして少女の膣の奥深くに・・・・

 

 

⇒ 濡れ透けJ○雨宿りレ○プを読んでみたいならコチラ!