文学女子に食べられる あらすじ

文学女子に食べられる。無料試し読みで悶絶シーンに出会えます。

文学女子に食べられる。これからあらすじネタバレをしちゃいます。

 

 

 

【DMMコミック】同人:文学女子に食べられる SP/PC

 

 

 

 

あまり目立たない大学の文学サークルに属している読書好きの僕(主人公)。

 

 

そんな僕にも気になっている文学女子がいる。

 

 

無口でおとなしい感じの後輩。

 

 

良く二人きりで部室にいることがあるけれど、勇気がなくて声をかけることもできない。

 

 

でも、気になっているので彼女に視線を送ることが多いけれど、彼女も僕をじっと見ていることも。

 

 

そんな時、彼女から飲みに誘われる。

 

 

僕に断る理由はなく、ドキドキしながら飲みに行くと、驚きの「告白」をされてしまう。

 

 

耳を舐めてもいいですか・・・

 

 

期待に胸を躍らせて彼女の部屋へ。

 

 

すると、おとなしいと思っていた彼女の隠されていた欲望が一気に解放されてしまうのです。

 

 

美人で、巨乳の文学女子に食べられてしまう僕(主人公)

 

 

きれいな絵。そして驚きのストーリー展開。ここまでの同人誌はなかなかないと思う作品です。

 

 

文学女子が言う「こっちも食べていいですか?」

 

 

彼女の手は、すでにはち切れんばかりに大きくなっている僕の下半身に伸びてきて・・・・

 

 

 

⇒ 文学女子に食べられるの続きはコチラ!