女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。

かわいい女優志望の女の子と突然エッチすることに・・・

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。まずはあらすじをチェックしましょう!

 

 

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

 

 

 

フルカラーで美少女のイキ顔を見られる優れもののおすすめエロコミックです。

 

 

では、気になるあらすじをネタバレしちゃいますね!

 

 

 

高卒フリーターの俺は、おんぼろアパートの一階に住んでいる。

 

 

俺の部屋の上に住んでいる奴は、大きな音を立てて、疲れて帰って来た俺の眠りを邪魔をしやがる。

 

 

そんな劣悪な環境に置かれてはいるが、俺には唯一の楽しみがある。

 

 

それが、巨乳で、美人の大家さんと毎日挨拶ができできること。(実は、この後セ●クスする仲になるけど・・・)

 

 

ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

 

 

しかし、あまりに2階の音がうるさいので、注意をしに行くことにした。

 

 

そこにいたのは、女優を目指す女の子。

 

 

これが、かわいい。

 

 

しかもオッパイが大きくて、スタイル抜群の女の子だった・・・・。

 

 

文句を言うつもりだったが、さすがに美人には嫌われたくないので我慢しることにした。

 

 

部屋に戻ると、やっぱり上の階からはドンドンと音がするが、彼女の頑張っている姿(オッパイや、お尻)を想像知っていると、股間が元気になってしまった。

 

 

あの子で抜いておこうと思って、一人エッチすることにして、シゴキはじめたら、

 

 

天井を突き破って、上の階の美少女が俺の股間(チ●コ)の上に落ちてきた!!!!

 

 

「えっ?」

 

 

騎乗位状態になり、驚いたが、

 

 

気持ちいい・・・・・

 

 

俺は、ズプッと、ピストン運動を始めるしかなかった。

 

 

「いや・・・・っ、こんなの・・・」

 

 

そういう彼女だったが、腰の動きに反応して声を漏らす。

 

 

あああっ

 

 

後は、お互いがお互いを求めあって・・・・・

 

 

 

⇒ 女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。フルカラーで堪能するならこちらへ!!