叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎての無料試し読み方法とネタバレ感想

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎては、お稲荷さん・黒猫スミスさんの漫画です。

 

 

ちょっとだけ劇画ちっくな漫画ですが、それが更にエロさを掻き立てると人気です。

 

 

その漫画の内容を無料で試し読みするならこちら!

 

 

 

【ハンディコミック】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]LP1※スマホ専用

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのネタバレと感想

 

 

俺(幸平)は、叔母さんが昔から大好きだった。

 

 

久しぶりに叔母さんに会うが、叔母さんは、豊満なおっぱい、そして何とも言えないフェロモンを醸し出しているため気になって仕方がない。

 

 

思春期になり、性欲が人一倍強い俺は、叔母さんの肉体に興味津々。

 

 

俺のアソコは、叔母さんのことを考えるだけムラムラし膨張するのを止めることはできない。

 

 

布団を押し入れから出している叔母さんの姿にドキドキしてると,、叔母さんはバランスを崩して俺のもとに倒れ込んで来た。

 

 

あの豊満な胸が俺の目の前に。

 

 

まさかのハプニングに、俺は・・・・

 

 

胸を揉み、顔を押し当てる。もう止まることはできない。

 

 

そんな俺の気持ちを察したか、叔母さんは、俺のアレを握り、手コキし始める。

 

 

俺は、一気に始めての射精を体験することにるが、おしっこを漏らしたと勘違いした。若かったということ。

 

 

 

それから、数ヶ月経ち、夏休みにまた叔母さんの家に行くことになった俺。

 

 

おしっこだと思っていたのが精子であり、叔母さんの中で出せば子供ができることも知っている。

 

 

やらせてくれと迫ると、叔母さんは、俺をトイレに連れ出し、アレを口に咥え、フェラをしてくれたのだ。

 

 

だが、それだけで満足できるはずがない。

 

 

何とかして、挿れたい。

 

 

それが俺の望み。それから何度も何度も迫っていく。

 

 

そして、遂に叔母さんは俺の押しに観念し、セ●クスをさせてくれた。

 

 

初めてチ●コをアソコに挿れる。暖かくて、気持ちよくて。

 

 

射精しそうになったら抜くのよとレクチャーを受けている最中。

 

 

あまりの気持ちよさに、ブビュ、ビュルル・・・イッてしまった。

 

 

初めてのセ●クスで中出し。

 

 

叔母さんはすぐに抜くように言っているが、吸い付くような肉体から離れることはできない。

 

 

一回イッてはいるが、腰を振り続け、何度も、何度も射精を繰り返した。

 

 

叔母さんの膣の中は、俺の精子で溢れかえっているが、構わずに・・・・・

 

 

 

とにかくエロいというのが感想。

 

 

最初は、叔母さんにリードされていたのに、いつの間にか感じさせるようになっていくストーリー。

 

 

有り余る体力で、アソコを責め続ける。これまでのエロ漫画よりも強烈に女性のエロさを感じることができる漫画です。

 

 

⇒ 叔母さんの肉体が気持ち良過ぎての本編が気になるならコチラをチェック!