ヤらないと死んじゃう病のあらすじネタバレ

ヤらないと死んじゃう病の患者は女のことヤラないわけには行かなかった!

ヤらないと死んじゃう病!?のあらすじを暴露!

 

 

かわいい女の子が見知らぬ男に襲われ、犯されてしまうというストーリーですが、それには重大な理由があったのです。

 

 

ネタバレ必至なので、ネタバレが嫌だなと思うなら、こちらから本編を確認してください。

 

 

     ↓  ↓  ↓  

 

 

【コミなび純稿】ヤらないと死んじゃう病ver5

 

 

 

バイト先で初めて出会ったちょっとかわいい女の子の、まだ濡れていないアソコに、俺のアレを深々と挿入しているのにはワケがある。

 

 

ヤらないと死んじゃう病という難病に侵されてしまったからだ。

 

 

この病気は、女とヤる。つまりセックスをしないと死んでしまうというものらしい。

 

 

別に、女の子を犯したいという欲望だけではないと言っておきたい。

 

 

 

俺は、発作を起こしてしまった。そこにたまたま居合わせた彼女に襲い掛かってしまった。

 

 

「お前が悪いんだ・・・」

 

 

そう言って、強引に腕を引っ張り、そして、俺の手は彼女の豊満な胸に伸びて行った

 

 

露わになったおっぱいは、柔らかく、揉みあげると、彼女は声を上げた。

 

 

悪い、でも俺も命がかかっているため、止めるわけには行かなかった。

 

 

彼女の下半身の割れ目に指を這わせ、大きくなったアレを、まだ濡れていないアソコに擦りつけた。

 

 

そして、アレを深々とねじ込んだ。

 

 

「やめてよーーーーーー」

 

 

彼女はそう言いながら、目に涙を浮かべている。

 

 

それでも、俺は腰を振り続ける。

 

 

パン、パン、パン。二人の体がぶつかり合う音が響き渡る中で、

 

 

彼女は「ああっ」と甘い声を漏らし、

 

 

そして、「いやああ」と叫びながら、

 

 

体をビクつかせながらイった

 

 

それと同時に、俺も我慢できなくなり、彼女の中に・・・・・・

 

 

 

⇒ ヤらないと死んじゃう病!?のあらすじだけでは我慢できないならコチラをチェック