あと99回シたら、私とコイビトになって。感想

可愛い上原さんは彼女になれるのか?

あと99回シたら、私とコイビトになって。のヒロイン上原さんは漫画の画像を見るとわかると思いますが、超美人。

 

 

まずは、無料で試し読みしちゃいましょう。

 

 

 

【コミックシーモア】あと99回シたら、私とコイビトになって。

 

 

 

 

それでは、漫画、「あと99回シたら、私とコイビトになって。」のネタバレと感想を紹介してみましょう!

 

 

美人の上原さんは、松下君と一線を超えて、エッチをしてしまいます。それはそれは、とろけるような気持のいいセ●クスをしましたが、彼は一回したくらいでは付き合うつもりがないと言い出します。

 

 

いや、完全にヤラレ損になりそうですが、何回したら恋人になるのかと食い下がります。

 

 

そこで出てきたのが100回したら恋人という回答。上原さんは彼と付き合うため美しい身体を淫らにくねらせていくのです。

 

 

あと99回シたら、私とコイビトになって。はエロ漫画としてハイレベルというのが私の感想です。

 

 

 

 

あと99回シたら、私とコイビトになって。のあらすじを公開します。

 

 

後輩の松下君に片思いをしているヒロインの上原さん。

 

 

ある日、松下くんと一緒に残業で遅くなってしまって、家まで送ってもらうのですが、終電が無くなってしまって、彼を部屋に泊めることになります。

 

 

適当に寝ますという彼に対し、一緒にベッドに寝られるよと言ってしまいました。

 

 

漫画の中では否定していますが、これは、考えようによっては誘っています。

 

 

彼も、「どういう意味ですか?」と聴いて来るのは当然でしょう。

 

 

そういうつもりではなかったと弁明していますが、絶対に誘っています。

 

 

なぜなら、嫌じゃない、むしろ・・・・。そう言っています。

 

 

見つめ合い、流れでキスをされ、ベッドに押し倒されます。

 

 

全く抵抗することも無く、服を脱がされ、アソコも触られ、

 

 

「もう濡れてる」と言われてしまいます。

 

 

「言わないでよ・・・・」

 

 

と言い返しますが、膣に指を入れられかき回されると声を抑えることもできませんでした。

 

 

そして、遂に、お●んちんを挿れられ、「ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ」と深く、深く突きまくられます。

 

 

「ああっ、あ、あん」と喘ぎ、そして、びくっ、びくっ、びくっと体の痙攣を止めることができませんでした。

 

 

最高のエッチをすることができたのです。

 

 

「私たち、付き合うんだよね?」

 

 

そういう私の問いかけに対し、

 

 

「いや、そういうつもりではなかったですけど」

 

 

信じられない答えをされてしまいました。

 

 

「上原さんのことはかわいいと思っていましたし、上原さんもやぶさかではないような感じだったので・・・・」

 

 

「1回やったくらいで恋人とか、そういうんじゃないと思いますし・・・・」

 

 

こんな言われようをされてしまったヒロインは、

 

 

「じゃあ、何回したら恋人なの」

 

 

そう言って迫ります。

 

 

松下君は、言葉に詰まりながらも、

 

 

「まぁ、100回くらいすれば恋人なのかも・・・・」

 

 

そう言ってきた。

 

 

ヒロインの言葉はまさかの、

 

 

「それなら、あと99回したら恋人にして!」

 

 

そうです、これから始まる99回のエッチシーン!

 

 

美人の上原さんが突きまくられ、身体をくねらせ、喘ぎ声を漏らす。

 

 

どんなセックスが見られるのでしょうか・・・・・・

 

 

 

⇒ あと99回シたら、私とコイビトになって。の続きを見たいのならコチラをチェックしてみよう!